作家さんインタビュー

のんびり、マイペースに。『*もりのうさこ*』さん
〜つくるひとcafe作家さんインタビュー〜vol.2

*もりのうさこ* つくるひとcafe レンタルBOX

*もりのうさこ*さん

*もりのうさこ* つくるひとcafe レンタルBOX

自然と生き物が好きなイラストレーター。
童話や絵本の世界のような動物、花、女の子などを描く。
コレクションするほどのテディベア好き。

インタビュアー きっしー

つくば きっしー

つくば市在住のWEBライター。
つくるひとcafeでたまにノマドワークをしてる人。
管理人からの依頼により、インタビュアーを努めさせていただくことに。
初めての目線から、つくるひとcafeの作家さんの魅力を探る。毎朝コーヒーを飲むのが日課。

*****

きっしー:こんにちは、よろしくお願いします。まずは読者の方に向けて自己紹介をお願いします!

 

*もりのうさこ*:イラストレーターをしています。*もりのうさこ*です。
東京都出身で、茨城県の県南地域に住んでいます。成人した息子がいます。

 

きっしー:みなさんにお聞きしてるんですけど、『*もりのうさこ*』という名前の由来をおしえていただけますか?

 

*もりのうさこ*:テッディベアが好きで、最初は『もりのくまこ』にしようかなと思ってたんですけど、『くまこ』だとなにか毛深いイメージかなと。名前を考えていた頃、クマ以外にもウサギもよく描いていたので『うさこ』へ。笑

 

きっしー:絵を描くのはもともと好きだったんですか?

 

*もりのうさこ*:子どもの頃は家で弟と留守番をすることが多く、忙しい母の帰りを待つ間、よく絵本を読んだり、絵を描いたりして過ごしていました。夢の世界を想像したりして描くことが好きでしたね。その世界に入り込むことが楽しかったです。あとは自分でカードを描いたり、何か作ったものをプレゼントするのは子どもの頃から好きで、その気持ちは大人になったいまでもあります。

 

きっしー:活動ははじめからイラストメインだったんですか?

 

*もりのうさこ*:雑貨もやっているんですけど、イラストをメインにはじめたのは最近です。井出さん(つくるひとcafe管理人)に出会ってからです。もともとの活動はイラストレーターではなくて、トールペイントやドライフラワーアレンジメントの講師をしていました。

 

きっしー:犬や猫のイラストが多いですね。

 

*もりのうさこ*:福島の避難区域の犬たちを保護している友達がいるんですけど、その方に保護している犬を描いてくれないかという依頼をいただいたことがあります。それがきっかけになって、常総市の『常総わんdayマルシェ』というイベントや、浅草で行われている『ニャンフェス』というイベントに出たことがあるんですが、そういったイベントに出展したことがきっかけで犬や猫のイラストを描き始めています。

 

きっしー:ご自身でもペットは飼われているんですか?

 

*もりのうさこ*:はい、みんな保護猫なんですけど、家の方に1匹、実家に4匹。あとはわたしがおこなってる畑によく遊びに来る子が1匹います。

 

きっしー:そうなんですね。ぼくも猫は好きで、実家には3匹いました。笑 ところで、イラストの作風はだれかの影響があるのですか?子どもの頃に読まれてた絵本とか。

 

*もりのうさこ*:いえ、とくに誰かの影響を受けたということはないです。女の子がいて、星空があって、全体的にふんわりとしてる作風は子どもの頃から描いてる絵とあまり変わってないですね。赤毛のアン、あしながおじさん、星の王子さまとか。ああいう世界観が大好きです。かつて描いた絵を見返したときに、おなじような構図になってるなって。笑

 

*もりのうさこ* つくるひとcafe 着物

 

 

きっしー:懐かしい感じというかノスタルジックな印象を作品から受けました。イラストレーターとして以外の活動はなにかされてますか?

 

*もりのうさこ*:主人のお仕事の手伝いをしています。簡単な雑務ですけれど。

 

きっしー:インスタで着物の写真もあげられてますが、着物の活動を何かされているのですか?アイコンにもなってましたけど。

 

*もりのうさこ*:あれは単なる趣味です。笑 とくに着付け教室に通ってるとか、呉服屋さんに勤めてるとかではないです。今日も着てくればよかったですね。

 

*もりのうさこ* つくるひとcafe

*もりのうさこ* つくるひとcafe 着物

 

きっしー:とても素敵な写真ですね!さきほどチラッとおっしゃってましたが、畑もやられているのですか?

 

*もりのうさこ*:いまは亡き祖父がやってた畑があるんですけど、高齢で畑しごとができなくなったのをきっかけに、わたしが代わりにやるようになりました。最初はお友達も手伝ってくれながらやってたんですけど、いまはわたし一人でやってます。もともとは宅地にする予定の土地だったので、そんなに広い畑ではなくて、インゲンとか、3月まめ、大根、春菊、玉ねぎとかいろいろ育ててます。

 

*もりのうさこ* つくるひとcafe 畑

*もりのうさこ* つくるひとcafe 畑

 

 

きっしー:その畑の様子をインスタにあげられてたんですね。

 

*もりのうさこ*:最初は、祖父の代わりに母が畑を行っていたんですけど、いまはたまに一緒にやるようになって、コミュニケーションができていい親孝行になっています。笑

 

きっしー:それはいいですね。

 

*もりのうさこ*:畑仕事や着物も、絵も、季節を感じ取ることを大切にしています。一見バラバラに見えてしまいますが、自分の中ではすべてがいまの活動に繋がっているなと感じていますね。

 

きっしー:そういえば最近、『筑西フェスに出られてたみたいですね。

 

*もりのうさこ*:はい、子どもたちの手に絵を描いて。井出さんと一緒にスペースをお借りして出させていただきました。場所をお借りしておきながら、前のスペースを取ってましたけど。笑

 

きっしー:子どもたちの手にイラストを描く!あれはいいですね!

 

*もりのうさこ*:手の甲にペイントするイベントは初めてやりました。いままでトールペイントの講師をしたり、ドライフラワーのワークショップをしたり、何かをつくるというワークショップはやってきましたが、「イラストレーターなんだから、イラストレーターとしてのワークショップをしてみたらどう?」と井出さんからアドバイスをいただいて、初のチャレンジでしたね!

 

*もりのうさこ* つくるひとcafe 筑西フェス

*もりのうさこ* つくるひとcafe 筑西フェス

 

きっしー:子どもはすごく喜びそうですよね!

 

*もりのうさこ*:子ども相手のワークショップは大好きですね。やはりわたしは子どもが好きなんですね。このイベントに限らず、わたしがワークショップが好きなのは、楽しいと言っていただける嬉しさももちろんありますが、自分自身の勉強にもなるのもあります。

 

きっしー:うなずき

 

*もりのうさこ*:以前、つくばみらい市の小学校で親子授業をおこなったことがありますが、レインボーのカボチャやピンクの猫など、すごくワクワクするような作品を自慢げに見せてくれる子どもたちと触れ合えるのが楽しかったですね。

 

きっしー:筑西フェス以降もイベント展示を控えてるそうですね。

 

*もりのうさこ*:インスタにも告知させていただいてるんですけど、群馬県の前橋市にある『Gallery Artsoup』というところで行われる『にじいろの羽ばたき』という展示会に出展します。延期になっていたのですが、11月12(木曜)〜22(日曜)に開催されます。つくるひとcafeにも作品を展示されてる彫紙アートの『kana’s4ca』さんと二人でコラボした作品を展示します。

 

*もりのうさこ* つくるひとcafe

 

 

きっしー:ほかにも出られるそうですね。

 

*もりのうさこ*:他には、東高円寺にある『イココチ』さんのレンタルBOXをお借りしてるんですが、そこで開かれるポストカード展『postcard exhibition vol.19』にも出店します。こちらは11月23日(月)〜12月20日(月)までです。

 

きっしー:レンタルBOXは利用されてから長いんでしょうか?

 

*もりのうさこ*:つくばの別のレンタルBOXを利用していた時期もありますが、レンタルBOX自体は利用し始めてから3〜4年くらいですね。

 

きっしー:利用しようとしたきっかけがあったんですか?

 

*もりのうさこ*:以前、つくば市内で行われたハンドメイドイベントに出展したことがありまして、そこに出したときに、お友達からレンタルBOXっていうのがあるよって教えてもらったことがきっかけです。

 

きっしー:うなずき

 

*もりのうさこ*:レンタルBOXをやってみようかな、という気軽な感じで始めました。さきほどお話しましたが、体調を崩していたのが回復してきた時期と重なってたこともあると思います。「やってみたら。」という主人からの後押しもありましたので。

 

きっしー:タイミングがよかったんですね。ほかも利用されてたそうですが、つくるひとcafeのレンタルBOXでよかったことはありますか?

 

*もりのうさこ*:ここにいたらお腹が空いたなと思うと食事もあるし、コワーキングも兼ねているので、仕事ができるのもいいかな。家だとなかなか落ち着かないけれど、ここだと仕事モードになれますね。

 

きっしー:ぼくもここにはお世話になってます。笑

 

*もりのうさこ*:トールペイントやドライフラワーアレンジメントの講師の仕事をやっていた時もそうだったんですけど、直に楽しかったといわれると嬉しいんですよね。筑西のイベントでも子どもと触れ合えることで喜んでもらえると嬉しいし。レンタルBOXも人を感じられるのがいいんですよね。

 

きっしー:井出さんからの提案で、イラストメインにされたそうですが、ほかにもイベント出展時など井出さんへ相談されることはあるんですか?

 

*もりのうさこ*:以前、大阪で『スイーツの妖精〜甘い誘惑〜』っていう展示会に出させていただいた時に、どういう作品を出したらよいか?井出さんに相談させてもらったんですね。そしたら「チョコミントの妖精を出してみない?」って。笑

 

きっしー:チョコミントの妖精⁉︎

 

*もりのうさこ*:最初はよくわからなかったけど、いままで動物や、女の子を描いたことはあったけど、井出さんと相談しながら、「ほのぼのではなく、ちょっとエロティックな…」とか。「もりのうさこの新境地を見せていこうよ!」とか。笑

 

きっしー:笑

 

*もりのうさこ*:できあがったものは、エロティックな要素のかけらもないんですけど。笑 でも新境地という意味では、いままでこういったものを描いたことがなかったので、刺激になったしいいチャレンジになりました!

 

きっしー:それはよかったですね。ぜひ作品を見せていただけますか?

 

 

ーつくるひとcafe内の展示コーナーへ移動。

 

*もりのうさこ*:『スイーツの妖精』にはこの3作品を出しました。

まずはチョコミントの妖精です。

 

①チョコミントの妖精

 

 

きっしー:おお!チョコミントの妖精感、出てます!

 

*もりのうさこ*:この豆大福は美味しそうに描くのがなかなか苦労しました。笑

 

*もりのうさこ* つくるひとcafe スイーツの妖精

②ぼくがみつかるかな

 

 

きっしー:豆大福に隠れてる姿がかわいいですね。

 

*もりのうさこ*:こちらは7人の小人が白雪姫のためにジャムつくってるよ!という感じの作品です。

 

*もりのうさこ* つくるひとcafe スイーツの妖精

③White Snow JAM

きっしー:こちらも可愛らしいですね。

 

 

ーほかの作品も見せてもらいながら。

 

*もりのうさこ*:この辺の作品は1匹1匹実在する猫ちゃんです。

 

きっしー:へー!おもしろい!!

 

*もりのうさこ*:これなんかは、スキューバダイビングをしているお友達の猫ちゃんなんですけど、舌をいつも出してるのを生かして、お魚を食べてるような、なんとなく海で泳いでる感じで可愛く描いてみました。

 

*もりのうさこ* つくるひとcafe 猫

 

 

きっしー:実際に存在する猫ちゃんというのもいいし、飼い主さんの人柄もなんとなく伝わるのがおもしろい!!!

 

*もりのうさこ*:これはうちの息子で、実家の猫4匹と一緒に描いてみました。

 

*もりのうさこ* つくるひとcafe 猫

 

 

きっしー:息子さんと猫ちゃんたちが仲良しなのが伝わってきますね。

 

*もりのうさこ*:わたしの作品にはキジトラがちょくちょく出てくるんですけど、さきほどお伝えした家で飼ってる保護猫の『ふうた』です。食いしん坊で可愛い子です。

 

*もりのうさこ* つくるひとcafe 猫

 

 

きっしー:作家さんの話をじかに聞きながら、作品を見れるのは贅沢!同じ作品でも説明をしてもらったあとに見るとまた違って見えますね!

 

*もりのうさこ*:これなんかも面白いオーダーで、フラダンスを習っている飼い主さんがうちも子もフラダンスをしている絵にして欲しいってご依頼をいただき描きました。笑

 

*もりのうさこ* つくるひとcafe 犬

 

 

きっしー:いろんなご依頼をいただくんですね。

 

*もりのうさこ*:最近だと、今度出展させていただくアートスープさんが、アマビエ茶を地元のお茶屋さんと展開していていたんですが、そのパッケージデザインを募集していて、わたしもパッケージを描いてみました!こちらは残念ながら、もう販売は終了してしまいましたけれど。

 

*もりのうさこ* つくるひとcafe アマビエ茶

*もりのうさこ* つくるひとcafe アマビエ茶

 

 

きっしー:うしろにふうたくんが隠れているんですね。笑 おもに何を使って作品は描かれるんですか?

 

*もりのうさこ*:いろいろですね。ミニ原画では色鉛筆をつかったり。アクリルを使って描くこともあったり、iPadで描くこともあります。そのときの気分ですね。笑

 

 

ー席に戻り

 

きっしー:これからやっていきたいことはありますか?

 

*もりのうさこ*:そうですね。以前主人へのサプライズプレゼントで『うさくまちゃん』という絵本を描いたことがあるのですが、構成を練り直してもう一度描きたい!それに、小さな頃の息子をモデルにした冒険絵本を描いてみたいです。

 

きっしー:いいですね。

 

*もりのうさこ*:あとは、絵本のうさくまちゃん、飼い猫のキジトラふうちゃんのオリジナルのLINEスタンプを作ってみたいですね。

 

きっしー:では最後になりますが、ハンドメイド作家さんになってみたい方へ向けてメッセージをお願いします。

 

*もりのうさこ*:自分を持ってる人がいいと思います。流行りはあるけれど、その中でも自分の絵、オリジナルのキャラだったり、色だったり、自分を持ってる方がいいと思います。

 

きっしー:いまは色んな方がハンドメイドをされてますからね。

 

*もりのうさこ*:お客さんが自然と手に取るのって、個性を感じ取れるものだと思います。わたしはこれからも、無理せずにのんびり、マイペースに、好きなものを好きなように描いていきます。

 

きっしー:ありがとうございました。

 

取材を終えて

今回も和やかな雰囲気で、*もりのうさこ*さんを取材をさせていただきました。
取材中に作品をひとつひとつ説明いただけましたが、楽しそうにその作品を描かれたときのことを思い浮かべながらお話されていました。
インタビュー中にときおり、管理人の井出さんも会話に加わったりする雰囲気が個人的には好きだったりします。
今回もありがとうございました!

 

*もりのうさこ*さんツイッター:https://twitter.com/usako1265

*もりのうさこ*さんインスタグラム:https://www.instagram.com/morino.usako/

にじいろの羽ばたき:https://galleryartsoup.hatenablog.com/entry/2019/11/21/203252

postcard exhibition vol.19(ポストカード展):https://ikokochi.net/info/3489186