1月16日・17日 うしくマルシェ


コロナによる緊急事態宣言が発令された中でしたが、

国や県が示したガイドラインに基づき、

万全な対策を行いながらの開催でした。

会場の数か所に、

タブレットを利用した体温測定器が設置され、

会場内の移動中にもマメに体温チェックが出来たり、

各出店者さんのブースにも消毒やキャッシュレス等の対策もされ、

2日間、事故もなく開催できたことは、

これからのWITHコロナとして生活を余儀なくされる私たちにとって、

とても大きな第一歩だったと思います。

作家さんにとっての居場所


2日目はどんより曇り空、

ちょっと寒さが厳しい一日でしたが、

十分な広さの中で開催。

つくるひとCafeのメンバーさんを含むブースはこちら。

消毒なども万全。

各テーブルにもご用意していました。

今回は、管理人が1日しか出店出来ない為、

ワークショップをやる為に参加していた作家さん達に出店のお手伝いを依頼しました。

(今後もこの形が増えるかもしれません)

ワークショップは、

予約制にして、座席の間隔を十分に取り、

消毒等の対策も万全な準備をしてお客様をお迎えしました。

意外や意外。

お子さんだけではなく、大人の方もワークショップに参加。

みなさん、お家に閉じこもるだけの生活に疲れているようです。

originalの缶バッチ作りも大人気。

作家さん達の、お客様を喜ばせようとする気持ち、

様々なワークショップの準備は、

本当にありがたいなぁと感じました。

つくるひとCafeの出張販売


ちょっと目が回る(笑)

こちらの動画や画像は、1日目に搬入搬出だけお手伝いしてくれた、

もりのうさこさんの撮影😁

いつもお手伝いありがとうございます<m(__)m>

こんな素敵な作品がたくさんつくるひとCafeにはあります。

緊急事態宣言でお外に出歩くことを控えている方も大勢いますが、

作家さんがひとつづつ、

心を込めて手作りした作品。

たくさんの方に見てもらいたい、手に取ってもらいたい、

あわよくば(笑)お買い上げ頂きたい!

そう思って、月に1度程度で出張販売をしています。

コロナは無くなる事はないかなと思います。

上手に付き合っていくしかない。

閉じこもっているだけで消滅するわけではない。

様々なご意見等あるかと思いますが、

管理人はそう考えています。

出来る限りのことをして、

周りの人を不幸にしない為にもやれる事はやったうえで、

やはり作家さんの居場所をキチンと作っていきたいと思っています。

WITHコロナ

共存していけると信じて、

月末のイベントの準備も頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です